日本語

「~のせい」という、原因と責任が混同した言葉

昨日のこのブログの記事で、最近娘(小学1年生)がよく使う言葉で気になるものを挙げてみたのだが、もう1つあったので、ここで紹介しておきたいと思う。 それは「~のせい」というもの。 例えば、息子(2歳)が機嫌よく遊んでいて、娘がわざとではないのだけ…

小学生の娘がよく使う、気になる言葉

うちの娘も去年小学生になり、生意気盛りである。 語彙が増えて、コミュニケーションが円滑に取れることと、生意気な発言が増えることは、当然のことながら相関するので、小さいころとは別のイライラが起こってしまうのだが、これは仕方がないことか。 下の…

改めましてこんにちは

日本語の誤用シリーズ。 最近よく聞くのが、「改めましてこんにちは(こんばんは)」。 会議や会合の最初に主催者が挨拶することがあるが、そのときにこの「改めましてこんにちは」がよく使われる。 この「改めまして」、意味としては「再び」が適切かと思う…

最近気になる言葉の誤用

最近、Twitterやブログなどのウェブのテキストなんかを見ていると、単語の誤用が気になる。 これは素人が書いているから仕方ないのかと思っているのだが、テレビなどのマスメディアでもたまに見受けられる。 言葉は時代によって変化するのだからいいではない…

過剰な「さん」づけ「様」づけ問題

先日、Voicyの「ながら日経」を聞いていたら、パーソナリティがとあるパン屋に対して「お店様」という表現を使っており、強い違和感を覚えた。 最近、個人だけでなく、組織や店舗に対しても、「さん」づけすることが多いが、さすがに「お店様」変だろうと思…

「させていただきます」症候群

こういうツイートがTwitterの私のタイムラインに流れてきた。 「させていただきます」と書きたくなったら、「いたします」と書くといい。確認させていただきます。↓確認いたします。受賞させていただきました。↓受賞いたしました。シェアさせていただきます…