コロナ対策における総論賛成・各論反対

年末からコロナの新規感染者数が増えはじめ、全国各地でまん延防止等重点措置が発令されている。
東京では病床使用率が50%近くになってきており、緊急事態宣言の発令も検討されているようだ。
 
私は、こういった社会的な制限をかけるかどうかで、判断すべき論点は医療体制の維持にあると考えている。
オミクロン型がいくら弱毒化しているとはいえ、感染者が増えれば医療キャパは圧迫されるし、また一定数重症化する人も出てくるので、医療体制を維持するためには、社会的な制限をかけるのはやむなしと考えている。
 
しかし勝手なもので、総論としてはこういった対策はやむなしと思っているのだが、いざ自分の身に関係してくると、そこまでやらなくてもいいのではないかと思ってしまう自分がいる。
 
先週は展示会出展で東京に出張に出ていたのだが、病床使用率が20%を超えるとまん延防止等重点措置が発令されるとのことだったので、毎日その推移を見守っていた。
当初は病床使用率が20%に到達しようがしまいが、どのみち制限をかけなくてはいけなくなるので、それであれば早めに発令したほうがいいと思っていたのだが、自分が東京にいるのとなると話は別で、自分が東京にいる間はやめてくれと思ってしまった。できれば出張の翌週くらいから発令してくれればいいのに、と。
結局、実施されたのは21日(金)からで、温浴施設に行ってそのあとビールでも飲もうと思っていたのだが、アルコール提供時間が限られていたため、風呂上がりのビールを飲みそこねてしまった。
今回はその程度で、私自身には大きな影響はなかったのだが、これが緊急事態宣言となると、制約はもっと大きくなり、かなり行動が制限されてしまうため、回避したいのが正直なところである。
 
事程左様に、人間わがままなもので、総論としては賛成でも、いざ自分の身に降りかかることは反対側に回ってしまう。
さらにコロナに関しては、このあたりの自分に関わるミクロな部分と、社会全体のマクロの動きが、直感的にリンクしにくいので、どうしてもミクロサイドからの意見が強くなってしまうよう思う。
自分の行動が制限されるのが嫌だから、社会全体での制限も必要ないという論法で、「コロナは風邪だ」と主張する人も多いように感じる。
しかしながら、上述したように、マクロでの論点をしっかり整理して、全体的な視野に立って政策は決定されるべきだし、われわれもそれに従うというスタンスが大事なのだろうな、と自分のわがままな気持ちを観察しながら、思った次第である。
 
ということで、各論が反対だから総論も反対とならないように気をつけたい、という話でした。

東京に1週間出張に行って、戻ってから隔離生活をしてみた2

先週は展示会出展で東京に出張に出ていたのだが、現在オミクロン型のコロナ変異ウイルスが流行しているということで、展示会にスタッフとして参加していた社員は、1週間出勤停止として、家族がいる場合はホテル宿泊を可とした。
私も展示会に参加したので、そのルールに従い、戻ってきてから約1週間ホテルでの隔離生活をしてきた。
 
2020年12月に展示会に出展したときも同様の対応をしたが、これは「安全」のためというより、「安心」のための施策。とくに今回のオミクロン型は潜伏期間も短く、感染したら症状が出るのも早いので、1週間隔離が必要かと言われれば必要はないのだが、周りの人からみた安心を担保するためと割り切って、こういう対策を実施することにした。
とはいえ、出張に行った当事者からしても、絶対に感染していないとは言い切れないところもあるので、こうやって隔離することは自体は悪くないように感じている。
 
さて、そんなこんなで、今回2回目の自己隔離をしてみたのだが、その感想を簡単にまとめておきたい。
 
まず、今回は前回も利用した国民宿舎を予約をしていたのだが、直前になってコロナ対策で閉館になると連絡があり、一方的にキャンセルとなった。
決まったことなので文句を言っても仕方がないのだが、比較的部屋も広くてリーズナブル、温泉もあって、仕事も捗るなと思っていたのに、利用できなくなり落胆した。
こういった施設で、会議室が使えないというのであれば理解できるが、他の宿泊施設もやっているのに、ここだけ閉めて何の意味があるのかわからない。
自治体が運営している施設なので、飲食店などに営業の制限をかけている手前、こっちも閉めておこうと安易に考えているようにしか見えない。
こういった悪平等は日本の悪いところだと思っているが、長引くコロナ禍においては悪手だと思う。自治体が運営していようが、当然休業補償はしなくてはならず、その分税金が使われることになる。ウイルスの特徴もだいぶ理解されるようになってきたので、感染リスクが高いところをピンポイントで閉じて、そこに補償を集中させるべきであると、この件を通じて強く感じた次第である。

 

chikaran.hatenablog.com

そんなこんなで、普通のビジネスホテルを利用をしたのだが、今回は前回と異なり、全社会議が多く、ウェブでの会議が続いた。

前回は比較的広い部屋で、しかも飛び飛びに打ち合わせが入っていたくらいだったので、比較的長期的なことを考えることができたのだが、今回はあまり広くない部屋でウェブ会議を中心に目の前の仕事をこなすという1週間であった。
早朝会議もあったのだが、出勤という概念がないため、自室からすぐに参加できるということは大きなメリットだなと感じる一方、慣れない椅子と机で長時間のウェブ会議は想像以上に疲れた。
今回は日程的に難しかったのだが、自主隔離期間は一人の時間を確保できるので、長期的な考えごとができるよう、あまり会議のない時期と重なったほうがありがたいなと思った次第である。
 
とはいえ、とくに大きなストレスもなく、約1週間の隔離生活を終えることができた。
出張とあわせて、2週間近く家を空けることになったが、留守中に子どもの面倒をみてもらった、妻や両親に感謝したいと思う。
 
ということで、コロナが収まって隔離生活は最後になればいいと思いつつも、もう1回あってもいいなと思った、という話でした。

花粉症は長期・短期の両方で発症を抑える

1月も下旬になった。今年も花粉症のシーズンがやってくる。
 
私は物心がついたときからアレルギー性鼻炎で、花粉症も気づいたときにはなっていた。
毎年この時期は憂鬱なのだが、それでも20年くらい前からはマスクつけることが認知されはじめ、10年くらい前からはよく効く薬も出てきて、だいぶ楽にはなってきた。
そして、ここ数年は個人的にも予防法がある程度確立してきて、これまでと比べるとかなり抑えることができるようになってきた。
 
花粉症を抑える上で、ここ数年で気づいた大事な視点があるのだが、ここでまとめておきたいと思う。
それは、発症をさせないということ。
当たり前のこと言うなと思ったかもしれないが、大事な視点だと思っているので、もう少し詳しく説明すると、これは症状が出てから対処するのでは遅いという意味で、できるだけ症状が出ないように対策すべし、ということである。
そして、この発症させないという考え方、長期と短期の2つの視点で捉える必要がある。
 
1つめの長期的な視点では、シーズン全体で捉えてできるだけ発症させない、もしくは症状が出るのを少しでも遅らせることが大事になる。
花粉は年初からの最高気温の累計が400℃を超えると飛散しだすと言われるが、だとすると2月上旬くらいから飛散が開始となる。
このとき、症状が出だしてから薬を飲みだせばいいやという構えではいけない。
私はこれまで、明らかに花粉症の症状が出始めてから薬を飲み始めていたのだが、これでは遅い。症状が出だすと、それが定常化してしまうのである。
だから、どうにかごまかしながらでも、最初からできるだけ症状を出さないようにするのが大事になってくる。
そのため大事なことは、早めに薬を飲みだすこと。症状が出る前から薬を飲んで、シーズンを通じてできるだけ症状が出るのを遅らせるのである。
私は今週からアレグラを飲み始めた。
 
もう1つの短期的な視点では、1日の中でもできるだけ症状が出ないようにすることが大事である。
花粉症持ちの人は、いったんくしゃみがでだすと止まらなかったり、目を掻き出すと腫れるまで掻き続ける、という経験をしたことがあると思う。症状がいったん出ると、抑えが効かなくなるのである。
一方で、最初抑えることができれば、そのまま1日をやり過ごすこともできる。なので、1日の中でも症状が出ないように心がけることが大事なのである。
具体的にはこちらも忘れずに薬を飲むことと、そして忘れずにマスクをつけること。
幸か不幸かコロナでマスクは習慣化しているだろうから、あとは薬を忘れなければいい。そして、くしゃみや目を掻くという行為をできるだけ我慢する。そうやって、1日1日をやり過ごしていくのである。
もちろん、それでも症状が出る日はある。それでも症状を抑えることができる日が1日でも多ければ、シーズン全体で見ればだいぶ楽になる。楽な日を1日でも増やせるように心がけたいところである。
 
こんな感じで、シーズン通した長期的な視点でも、1日単位の短期的な視点でも、発症を抑える、遅らせるという心がけが大事になる。この心がけで、今シーズンも気を抜かずに花粉症対策をしていきたい。
 
ということで、花粉症は長期的にも、短期的にも、いかに発症させないかのゲームである、という話でした。
 

新型コロナと普通の風邪の2つの大きな違い

年が変わって2022年になり、1ヶ月が終わろうとしているが、年末年始ごろからオミクロン型の変異ウイルスが猛威を奮っている。
このオミクロン型の変異ウイルスは、弱毒化しているとか、風邪と同じとか、いろんなところで言われ始めているが、本当に風邪と同じなのだろうか。
 
当然のことながら、他の風邪の多くも、コロナと同様の急性ウイルス性感染症であることから、同じ部分はあるはずである。
しかしながら、これまた当然のことながら、他の風邪とは違うからこそ、ここまで世界的な問題になっているわけである。
 
となると、風邪と同じとか、風邪とは違うとか、0か100かで議論でしても仕方なく、どこが同じでどこが違うのかを冷静に切り分けないと意味がない。
これまでいろいろな書籍やウェブの記事を読んできたが、コロナと普通の風邪は大きく2つ点で違うのではないかと思い至ったので、ここでまとめておきたい。
 
1つめは、潜伏期間の長さ。
約2年前にコロナが関心を集め始めたころ、無症状の感染者が他の人に感染させるということが話題になった。
この潜伏期間は平均で約5日くらい、最大で2週間くらいと言われ、濃厚接触者や各国への入国者は2週間隔離することが求められるようになった。
これが季節性インフルエンザであれば、感染してからすぐに発症するので誰が感染したのがわかるのだが、コロナではそれがわからないことが、コロナは怖いと印象づけた。
 
もう1つの普通の風邪との違いは、免疫系の暴走。
一般的に、風邪などで熱や痛みなどの炎症が起きるのは、病原体と戦うためにヒトの免疫系が活発に活動することで生じるものだが、新型コロナではある一定の割合でこの免疫系が暴走しはじめてしまう。
体内のウイルスは排除されているのに、引き続き免疫系が活発になりすぎて、肺炎を起こすなどの重い症状を引き起こしてしまうのである。
こういったことは、いわゆる普通の風邪ではまず起きない症状で、ここが普通の風邪との大きな違いである。
(「新型コロナとワクチン わたしたちは正しかったのか」より」)
この2点が、いわゆる普通の風邪とコロナの大きな違いだとしたとき、今回のオミクロン型は、これまでの変異型に比べると、このコロナの性質が普通の風邪よりに近づいたとは言えると思う。
潜伏期間はオミクロン型では平均で3日間程度と言われており、これまでに比べて短くなっているし、また免疫系が暴走するような重症化する割合も減ってきていることから、従来に比べると普通の風邪に近づいているとは言えるだろう。
 
ただ、それでもやはり普通の風邪と比べれば、まだ潜伏期間は長く、(ワクチン2回接種がここまで進んだ状況においても)免疫系が暴走するような重症化する割合も高い。
現段階では、普通の風邪だと断言することは乱暴であると考える。
一方で、これまでの潜伏期間を想定して濃厚接触者の隔離などをしていては社会が回らなくなってしまうので、微調整は必要だと思う。だが、だからといってすべてコロナ前に戻せというのも乱暴な意見である。
 
多くの人にとっては単純化したほうが頭の整理ができて、スッキリするのかもしれないが、無理に白黒つけようとせず、現在がどのような状況にあるのかを踏まえた上で、対策を考えていく必要があると思った次第である。
 
ということで、オミクロン型はやはり普通の風邪とは違うのではないか、という話でした。

紙の本よりも電子書籍を選ぶ3つの理由

先日のこのブログの記事で、リアル書店は大好きだが、実際に買うのはAmazonだ、という話について書いた。
リアル書店は存続してほしいので、何かしらの形で課金するしくみを考えてほしいところではあるが、そもそも紙の本を最近ほとんど買っていないことに気づいた。
 
振り返ってみると、私は2012年からKindleを使い始めており、2014年には購入した電子書籍が紙の本を上回るようになった。2018年くらいから紙の本をほとんど買わなくなり、最近は電子化されていない本、資料的にもっておきたい本、イラストなどが多くパラパラと眺めるための本、これら以外はすべて電子書籍と言っていい。
 
最初Kindleを使い始めたときは、やっぱり紙の本のほうがいいなと思いながら、それでも慣れておいたほうがいいだろうということで使っていたが、途中から電子書籍のほうが読みやすいと思うようになり、最近では紙の本を読むことはほとんどなくなった。
 
そんな電子書籍ヘビーユーザーの私だが、ここでは電子書籍のメリットについて、簡単にまとめておきたいと思う。
 
1つめは、なんといっても大量の書籍を1台の機器に入れておくことができるということ。
これは多くの人が思いつくメリットだと思うが、複数の本を同時に何冊も持ち歩く必要がないことの利点は大きい。
私は最近はiPadで読んでいるのだが、これ1台さえ持っていけば、必ず本があるという状態にあるのは精神衛生上いい。前までは出張に出るときは、どの本を持っていこうかとか、帰りに本屋に寄って買って帰ろうかとか、本を切らさないようにしていたが、その心配がないというのは非常に楽である。
 
2つめは、すぐに購入できるので、事前に購入しておく必要がないこと。
これもわかりやすいメリット。わざわざ本屋に行かなくても、どこでも本を購入できるのはありがたい。
すぐに買うことができるので、読み始めるときに買えばよく、事前に複数もっておく必要もなくなる。事前に買っておく必要がないので、積ん読のリスクを下げることもできる。
ちなみに、以前はKindleのセールがあると、物色して安くなっている電子書籍を大量に買うということをやっていたが、電子書籍だと積ん読が可視化されにくく読まない本が増えていくため、最近では読みたい本がセールで出ていても買わずに読み始める前に買うようにしている。
 
3つめのメリット。ハイライト機能の使い勝手がいいということ。
上の2つは使わなくてもイメージしやすいが、これは使ってみないとわからないかと思う。
私は、紙の書籍を読むときも線を入れながら読んでいたのだが、電子書籍でも同じようにハイライトを入れながら読んでいる。ここまでは紙でも電子でも変わらないのだが、電子書籍の場合、そのハイライトした箇所を一覧にして見ることができるのである。
これが非常に便利。前に読んだ本でも、このハイライト一覧を読み直せば、内容のエッセンスを理解することができる。また、同じ本でも、章によって線を引く箇所が多いところと少ないところがなどがよくわかり、重点的に読み返すこともできたりする。
その本の要約や書評を書いたりするときも、このハイライト一覧をもとに書けばいいので、非常に捗る。
 
こんな感じでメリットを並べてみたが、逆にデメリットはあるだろうか考えてみたところ、満員電車では読みにくい、ということくらいだろうか。
私が現在、iPadで読んでいるということもあるが、これだと片手ではかなり読みづらい。満員電車では片手にもって片手でめくれるくらいでないと読む気が起こらない。文庫や新書であれば、気軽に読むことができるが、Kindleだと難しいように感じる。
Kindle Paperwhiteでも使えばこのデメリットは解消されるかもしれないが、最近はもっぱらiPadなのでこのあたりはわからない。
とはいえ、私の場合は満員電車どころか、電車にもほとんど乗らないので、このデメリットを感じることはないのだが。
 
今後、すぐすぐ紙の本がなくなることはないだろうが、10年スパンくらいで考えるとどうなっているかわからない。今のうちから、電子書籍に慣れておいたほうがいいと思うが、どうだろうか。
 
ということで、紙の本のメリットは本棚が充実するくらいになってきたな、という話でした。

本屋がなくなっては困るのだが、それでもAmazonで買う理由

今週は展示会出展で1週間近く東京に出張に出ていたが、帰りに時間が取れたので、丸の内の丸善に寄ってきた。
東京に住んでいたことからお世話になっている本屋で当時は週に1~2回は通って、月に10,000円くらいは本を買っていた。地元に戻ってからも、東京へ出張に行くたびに寄るようにしている。
今回はけっこう時間があったので、余裕ももって店内を回ることができ、あれも読みたいこれも読みたいと、まだ読んでいない本の数に圧倒されるという幸せな時間を過ごすことができた。
 
ただ、そんな丸善大好きな私であるが、もう丸善では本を買わないであろう。本を買うならAmazonに限ると思っている。
もちろん、丸善や本屋がなくなってしまっては困る。だから入場料を取ってもらいたくらいなのだが、そういうしくみもないので、私は直接丸善にお金を支払うことはできない。このあたりのことについては、前に別の記事の書いたので重複しないが、ここではなぜAmazonで買うのか、ちょっと整理してみたのでまとめておきたい。
 
丸善大好きな私が、それでもAmazonで本を買う理由は3つ。
 
1つめは、ほとんどKindleで読むから。
最近買う本はほとんどがKindleになってきた。Kindle対応していない本もだいぶ少なくなってきており、読みたい本はすぐにポチッとできる。
となると、当然のことながら、丸善だけでなくリアル書店で本を買うことはなくなる。
 
2つめは、本が重いから。
Kindle中心とはいえ、紙の書籍でもっておきたい本もある。とくに丸善のような大型書店に行くと、これは買っておきたいなという本もあったりする。
しかし、地方に住んでいる私としては、東京の丸善で買ってしまうとそれを持って帰らないといけない。ただでさえ、出張で荷物が多いところにかさばって重い本が加わるのはきつい。
だったら、丸善で買って配送すればいいではないかとなるが、本屋のレジは混んでいるし、(たぶん)配送料もかかる。Amazonであればスマホからすぐに買えるので、どうしても本屋での購入は面倒に感じてしまう。
 
最後3つめ。Amazonだと購入履歴が一覧できるから。
個人的にはこの3つめの理由が大きい。多少重くてもたまには丸善で買ってもいいかなと思ったりもするのだが、そうなるとその本を買ったという履歴が残らない。いつ買ったのかわからなくなってしまう。Amazonで買っておけば、本は必ずAmazonで買ってあるので、購入情報はAmazonの購入履歴を探せばいいとなる。
たまにこの本はいつ買ったっけ?とか、この本前に買ったはずだったはずだったけど?となることが多いのだが、私の場合、2010年ころ以降は、本はAmazonで買っているので、書籍ページに行けばその本をいつ買ったかがわかるのである。
情報を一元化するという意味で、Amazonで買う意義は大きいと感じている。
 
こんな感じで、おそらく、というかまず間違いなく、今後も本はAmazonで書い続けるだろう。
ただ、丸善をはじめとした大型書店がなくなっては本当に困るので、他の課金ポイントをもっとつくってほしいと思う次第である。
 
ということで、丸善大好きだけどAmazonを使ってしまう、という話でした。

企業によってコロナへの感度に差が出てきた

年が変わったあたりから、コロナの新規感染者数が爆発的に増えて来ており、第6波が押し寄せているという感じである。
現時点ではまだ増加傾向でこれがどのくらい続くかはわからないが、オミクロンは世代期間(1次感染から2次感染までの期間)が短いと言われており、感染が急増しているが、ピークを越えれば減るときも速いので、2月いっぱいくらいでいったん収束するのかなと思ったりしているが、どうなるだろうか。
その後については、3回目のワクチン接種や治療薬の開発で、もう第7波は来ないのではないかという予想もあったりするが、こちらもどうなるかわからない。
 
そんな新規感染者数急増の中、企業のコロナに対する感度については、これまでと同様にしっかり対策する企業と、あまり気にしない企業とで、差が出てきたと感じている。
 
前者は、これまで同様、コロナの波が来たら、ブレーキをしっかりとかけ、感染対策はしっかりやるタイプの企業。
とくに工場を運営しているような会社は、工場内で感染が起こると、感染者だけでなく濃厚接触者含め出社できず、操業に影響を与えてしまうため厳しい対策をとる。
また企業の規模が大きくなればその傾向も強くなるし、同じ企業でもトップではなく上級管理職は保守的な傾向が強いように感じる。
会食の禁止は当然として、在宅勤務がスタンダードで、出張も原則禁止、その会社を訪問するのもダメという感じになる。
 
後者は、コロナは風邪に近いという感覚で、ブレーキをあまりかけないタイプの会社。オーナー企業系ではこういった会社が多いように感じる。
会社に出社するのが基本で、出張も訪問もOK、中にはこのタイミングであっても会食可というところもあったりする。
オミクロンは弱毒化しているという認識で、対応しているように見受けられる。
 
これまではほとんどが前者のような対応をしていたが、最近は後者のような考え方の会社も多くなってきた。ここに来てコロナへの感度に差が出てきた印象がある。
 
そういった状況を見ていて思うのは、どちらも極端だな、というもの。
ブレーキをかけるところは必要以上にブレーキをかけるし、逆は逆で何やってもいいよという感じである。
程よいところがあるだろうにと思うが、白黒つけたい人が多いのだなと実感する。
 
ちなみに、うちの会社では、当初(2020年4月くらい)から感染経路は飛沫経路がほとんどだから、出張も客先訪問も、先方がNGでなければ原則可としてきた。来ていただくのも問題ない。
ただし、会食では飛沫感染の可能性が高いので、その地域の感染状況とタイミングをよく見て判断するように言ってきた。
今回のオミクロン型であっても、基本的な考え方は変えていない。原則を理解して行動すれば、そう感染することはないし、ある程度は自由に動くことができると思っている。
 
企業に限らず、世間的には両極端な意見が出てきているが、そんな極端な意見に惑わされず、今後も基本的な感染の原則に従って、どう行動するか判断したいと思った次第である。
 
ということで、ちょうどよいところを模索するのは思っているより難しいことなのかもしれない、という話でした。