多くの人はアクセルとブレーキを同時に踏めない

早くも全国各地で梅雨明けしたようで、今年の夏も猛暑が予想されている。
実際、すでにかなり暑いし、夜も先週あたりから熱帯夜の日も出てきて、クーラーなしでは寝ることができないような気温になりつつある。
 
一方、火力発電は老朽化、原子力発電は再稼働できずで、電力供給は逼迫しており、電力使用の節約が訴えられている。
この夏もかなり厳しいらしいが、冬はさらに逼迫度が増すらしく、どこかで電力が足らなくなるという事態も覚悟しておかないといけないのかもしれない。
 
そんな中、熱中症対策でエアコンは適切に使うように、しかし無駄な電力は使わず節約するように、と相反するメッセージがメディアを通じて流されている。
 
私の印象だが、多くの人は、こういった相矛盾するメッセージを整理して受け取ることがうまくできない。
あるときは熱中症対策重視、あるときは節電、例えば、エアコンは使うけど、電気とテレビを消す、みたいにそれぞれの場面で適切な選択をする、みたいなことが苦手である。
だから、節電は一切しない、なぜなら命が大事だから、とエアコンをガンガン使うと宣言する人がいるかと思えば、これまでも乗り切ってきたから大丈夫、とエアコンを使用せずに熱中症になってしまう人が後を絶たなかったりする。
 
コロナ対策におけるマスクなんかも同じで、人と近距離で話をするときはマスクはしたほうがいいし、それ以外の場面では基本いらないのだが、そういった使い分けが苦手である。
日本ではいついかなるときもマスクは着用すべしということで、スポーツジムで一人でランニングマシンを走るときもマスクを強要されたりするし、屋外での野球観戦でもマスクしていないと注意されたりする。欧米では逆で、マスクの着用義務がなくなると、まったくつけないとなる。
どちらがいいとか悪いとかを言いたいのではなく、それくらいその場に応じて使い分けるといったことができない、ということ言いたいのである。
 
事程左様に、多くの人にとって、その場その場で、アクセル踏んだりブレーキ踏んだりといった判断をするのは苦手なのだと感じる。
人間の脳は、判断を省略ことによってキャパシティの有効活用をするようにプログラムしているから仕方ないのかもしれないが、それでも21世紀のこの現代、もう少し柔軟に考えられるようになってもいいのになと感じる次第である
 
ということで、多くの人は0か100の思考の陥りやすい、という話でした。

緩やかなデフレのコスト

先日読んだ「物価とは何か」の中で、「緩やかなデフレのコストは何なのか」という問いが立てられており、印象に残った。
 
ここ20年以上続いた日本のデフレは、大きな特徴が2つとあると紹介されている。
1つは長期に渡って続いていること。
もう1つは、デフレ率は大きいときでも2%程度で、均してみれば1%弱と小さいということ。
日本のデフレは緩やかだから、長引いているのかもしれないとも著者は言及している。
 
さて、この緩やかで長期に渡るデフレ、そのコストは何のなのか。
この問いに対しては、著者は価格支配力の喪失であると、グリーンスパンの説を紹介している。
デフレが定着すると、少しの値上げでも顧客が逃げてしまうのではと企業がおそれるようになり、原価が上昇しても企業は価格に転嫁できないという状況が生まれる。価格を上げることができない企業は減量品の開発に着手して、いわゆるステルス値上げを実行し、利益を確保する動きに出るようになった。本来であれば、そんな減量品の開発にリソースを投入せずに、本物の商品開発に使えば、これまで見たことない新しい商品の開発もできたかもしれず、各企業のみならず、日本経済全体を歪ませしてしまった可能性もあるとしている。
 
私はこれまで、デフレの影響とは、需要側・消費者側にあると考えていた。
日本の製品やサービスの価格が上がらず、賃金が上がらないということは、海外の製品・サービスに対して競争力が落ち、徐々に海外のものが買えなくなっていく、だんだんと日本の消費者の購買力がなくなり、みんなで貧乏になっていく過程なのだと捉えていた。
 
しかし、この見方は、供給者側・企業側にも大きな影響を与えていることを示唆している。
デフレによって価格据え置き慣行になれてしまった消費者をおそれるがあまり、企業が値上げを回避して、本来しなくてもいいことに力を入れる必要が出てきて、リソースの配分が歪むことで、企業の競争力も削られてしまっている、ということに気づきを得ることができた。
短期間であればそれほど問題ではなかったのかもしれないが、ここまで長期に渡ることで、日本企業の競争力を大きく後退させる結果になったのかもしれない。
 
そう考えると、昨今の値上げ機運というのは、このデフレないしは日本人の価格据え置き慣行から脱する、千載一遇のチャンスなのかもしれない。
ここで正常化できるのか、それとも一時のインフレから景気後退へと突き進み、気づけばまたデフレに逆戻りするのか。
政府に適切かつタイムリーな施策を期待するとともに、一経営者として何ができるのか考えてみたいと思う。
 
ということで、デフレの供給者側への影響について理解できた、という話でした。

日記の内容とそれに適した記録媒体

昨日のこのブログの記事で、手書きの日記はたまりがちになる、ということを書いた。
パソコンのほうが、利用可能な状態になっていることが多く、しかも入力するスピードが速いので、それに比べて手書きは億劫である、というのがその理由である。
 
ただ、それだけではなく、書く内容によっても、手書きに適したものとそうでないものがあるように感じている。
今回はそのあたりをちょっと整理してみたい。
 
日記と言っても、書いている内容は毎日バラバラで、それをカテゴライズすると、大きく分けて3つに分類することができる。
 
1つめは、やったことを書くというもの。いわゆるライフログ的に、あれやった、これやった、どこに行った、ということを書いている。
平日であれば会議や面談などの記録、休日であれば家族と行った場所など。
 
2つめは、ちょっとした気づきや感情のメモ。
何かをやった結果、そこで気づいたことや思ったこと、感じたことをメモしている。風呂に入ったりしているときでぼーっと考えたりしたことで、残しておきたいことがあればまとめて書いている。
ちょっとしたことから、怒りや悲しみの感情をつらつらと書き連ねることがあったりする。
 
3つめは、思考の整理の記録。
会議や打ち合わせで決まったことやそこで考えたことを記録したり、2つめの感情をメモしたものを、整理してまとめたりしている。
その場ではいろいろと考えるのだが、記録しておかないとすぐに忘れてしまうので、最近は意識して残すようにしている。
 
さて、この3つだが、種類が微妙に違うので、別のところに記録するのがいいかもと思ったりもしている。
 
1つめのライフログについては、スマホのアプリを活用して、Googleカレンダーにも基本記録している。これは便利で、今後も活用していくつもりであるが、2つめの感情のメモは、行動と紐づいていることが多いので、この1つめのライフログ的な内容も日記に書いておいたほうがいい。もちろん、すべて書く必要なないが、主要なものは書き残しておいたほうが、どういう文脈で感じたことなのかなどが、後から見てもわかりやすくなる。よって、Googleカレンダーに記録するのがメインで、日記にも大まかなものは書くことになる。
 
2つめの、ちょっとした気づきや感情のメモは、スマホに記録しておいて、後から紙に書くのがいいと感じている。
あまり整理せずに、思いのままを紙に書くと、それだけでけっこうスッキリしたりするので、ここを手書きがいいと感じている。
 
3つめの思考の記録については、まとめた内容を論理的に順番づけて整理したいので、紙だとその編集がやりにくい。これはデジタルで記録したほうがいいのかと思ったりする。もしくは、いったん紙に書いて、それからパソコンに整理するのでもいいかもしれない。
 
と、こんな感じで、日記と言っても、微妙に書く内容もいくつか分かれており、それぞれで都合のいい媒体が異なる。
一方で、この3つは分かれているようで、連動もしているので、どう記録していくのかが難しい。
ライフログGoogleカレンダーに記録しているので、日記に書く必要はないのだが、感情は行動やイベントを紐づいていることも多いので、これらも日記にメモしておいたほうが良かったりするし、思ったことや感じたことをつらつらと書くことで、思考が整理されていくことも多く、2つめの感情のメモと3つめの思考の整理はきれいに切り離せなかったりする。
 
そんな複雑性があったりするのと、紙に書くという行為が面倒くさいのが相まって、手書きの日記がたまりがちになるのかなと思ったりした。
とはいえ、手で書くことによる効用は感じているし、一元化もしたほうがいいので、もう少し手書きの日記を続けながら、何かいい使い分けができないか考えてみたいと思う。
 
ということで、日記も内容によって適した媒体がありそうだが、一元化のメリットのほうが大きい、という話でした。

なぜ手書きの日記はたまりがちになるのか

私は2020年の4月から日記を書き始めており、今年(2022年年初)から紙の日記を書くようになった。
ただ、最近は1週間ノートを開かずに、週末にまとめて書くということが続いている。毎週これではいけないと思うのだが、どうしてもノートを開くの億劫になってしまう。
それでも、週末に1週間分の日記を書くと、頭の中がいろいろと整理できていいのだが、毎度時間がかかり過ぎてしまい、ちょっと問題だと感じている。
 
これがパソコンであれば、だいたい目の前にあるので、気が向いたときに書くことができる。パソコンでもためてしまうことはあったが、せいぜい3日くらいで、1週間もためてしまうことは滅多になかった。
 
私は日記書くのにパソコンと手書きの両方をやってみたのだが、どうも手書きのほうがたまりがちになる。
ではなぜ手書きの日記はためてしまいがちになるのか、ちょっと考えてみたい。
 
その理由は大きく分けて2つかと思う。
 
1つは、(パソコンと比較して)利用可能な状態になっていないため。
今やパソコンがないと仕事にならないと言っても過言ではないが、基本パソコンにはいつでもアクセスができる。
そのため、さあ日記を書こうと思わなくても、ちょっとした空き時間に考えたことや感じたことを残しておくことができるが、それに対して、手書きの日記の場合、ノートを取り出す必要があり、このひと手間が日記をためてしまう原因になっている。
 
もう1つは、書くスピード。
こちらもパソコンのキーボード入力に対して、手書きで書くという作業は時間がかかってしまう。
私は大学に入ってからパソコンを使い始め、そこからキーボード入力を続けているが、今や手書きよりも入力は圧倒的に速い。
手書きだと頭の回転に手が追いついてこない感覚があり、そのためどうしても忙しいときに書こうとならないのである。
 
この2つが原因のため、どうしても手書きの日記は後回しにしてしがちだ。時間に余裕があり、かつ気持ちに余裕がないと、書こうとならないのである。
 
であれば、手書きではなく、パソコンに戻せばいいかというと、そうでもないのが難しいところ。
自分の感情などをダイレクトに出していくのには、手書きのほうがよかったりする。
 
このあたりは一長一短があるし、せっかく半年近く続けてきたので、もう少し手書きの日記を続けてみたいと思うが、ためすぎない方法についても、継続して考えていきたい。
 
ということで、手書きの日記はたまりがちになる、という話でした。

寝ると眠るの違い

我が家には二人の子ども(小学1年生の娘と1歳9ヶ月の息子)がいるのだが、就寝の時間が微妙にずれている。
娘のほうが21時には寝るようにしていて、毎日多少前後するのだが、寝ようとしてから寝入るまでの時間はわずかで、気がつけば寝ている。
さいころはなかなか寝てくれなかったのだが、気づけばのび太くんばりの寝付きの良さを見せている。
 
一方で息子のほうは、その後一人で遊んで、疲れたら布団に行って、そこから横になったり起きたりを繰り返して、ようやく寝てくれる。
だいたい22時前後に寝るのが一般的で、もう少し早く寝てくれると、親の自由な時間も増えるのにと思ったりする。
 
そんなある日、いつものように息子がなかなか寝ないので、早く寝ないかなと思いながら見ていたら、ふとまだこのくらい年齢の子どもには「寝る」という概念がないのではないかと思い至った。
さあ寝ようと思って寝るのではなく、疲れて気づいたら寝ている状態になっているのではないか、と。
「寝る」と「眠る」といった違いがあるように思ったわけである。
 
ちなみに、「寝る」と「眠る」の違いを調べてみると、寝るは身体を横にする動作を指し、眠るは目を閉じて無意識の状態になることを意味するとのこと。
 
小さな子どもは自分で身体を横にしてさあ寝ようとするのではなく、結果として眠った状態になっていると言えるかと思う。
思えば、抱っこひもに入れて寝かしつけるときも、車に乗ってて寝てしまうときも、自分で寝ようと思っているわけではなく、結果的に寝た状態になっている。
 
では、いつごろから、子どもは自ら「寝る」ようになるのか。
あまり記憶が定かではないのだが、上の娘は幼稚園に入るころには自分で寝ていたように思うので、長くともあと2年弱くらいか。
自我が芽生え、多少なりともコミュニケーションが取れるようになると、自ら寝ることを促すこともできてくるのではないかと考えると、そう先のことではないのかもしれない。
 
だとしたら、今のうちは無理に寝かしつけようとはせず、好きなだけ遊んで疲れさせた方がいいのかもしれない。たしかに早く寝てくれたほうが、親の自由な時間は増えるわけだが、それもあと少しの我慢である。
そんなことを考えていると、あくせくしながら寝かしつかせようとせずに、息子が就寝のタイミングがどう変わってくるか、いろいろと焦らずに今を観察しようと思った次第である。
 
ということで、小さな子どもは結果として寝ている状態になっている、ということに気づいた、という話でした。

「物価とは何か」から見る、今後の物価の予想

先日、「物価とは何か」という本を読んだ。
この中で、2017年の鳥貴族の値上げについて取り上げており、鳥貴族はこの値上げによって客単価は4%程度上昇したものの、客数が徐々に下がり、翌年には対前年比で-15%程度落ち込み、結果として売上も減少した、と紹介されていた。
 
著者の分析では、この値上げが上手くいかなかった理由は、鳥貴族の値上げが同業他社へ波及しなかったため、としている。そういった相互作用の視点が欠落していたため、消費者が値上げを受け入れず、他店に逃げられてしまった、と。鳥貴族の挑戦から学ぶべき教訓は、相互作用の重要性であると結論づけている。
 
要は、業界の各企業が一斉に値上げをしないと、うまくいかないということ。
長年に渡るデフレによって、価格据え置きという商慣行が日本経済にビルドインされてしまい、大胆な緩和も価格据え置き慣行には歯が立たず、今なおその慣行が続いていると、著者は言及している。結果として日本の消費者は値上げを断固拒否するようになり、この鳥貴族のような、個別企業の値上げは目立ってしまい、客数や販売量の下落につながったようだ。
 
この分析から見ると、今回(2021年くらいから)の値上げ基調はどうなるのか。
これまでは長い間(20年以上)デフレ基調で、個社が値上げしようとも、基本他社が追随するような流れにはならず、価格据え置きの慣行が継続していた。
しかし、今回は、川上企業(材料メーカー)が、原料高騰と設備の統廃合を背景に値上げを実施しているため、川下の最終メーカーや小売が安く仕入れることができず、価格転嫁不可避の状況に。「赤信号みんなで渡ればこわくない」ではないが、他社を横目でみながらみんなで値上げができる環境になった、と言える。
 
結果、好むと好まざるとにかかわらず、これでデフレの流れは終止符を打つだろう。
デフレが人々の心理で継続していたのであれば、値上げやむなしという今回の流れから、この心理も徐々に変わってくると思われる。
 
これで、デフレも脱却でき万々歳かと言えば、もちろんそうではない。
ポイントは原料や材料の値上げ分だけでなく、人件費つまり賃金上昇分まで価格に転嫁できるかどうか。できなければスタグフレーションへ一直線である。
消費者としてはたしかに値上げは痛いのに間違いないが、この流れに乗じて企業が賃金上昇分まで転嫁した値上げを敢行できるかが分かれ目かと考えるがどうだろうか。
 
ということで、みんなが足並み揃えて値上げができる環境が整った、という話でした。

ブログの毎日更新をしていると思っていたのに

このブログ、2020年の年末から毎日更新を続けている。
 
と、思っていた。
 
1年半欠かさず更新をしていると思っていたのだが、たまたまブログの管理画面を見ていたところ、ブログの連続投稿の欄が「355日」となっている。
 
あれ?おかしいぞ、と思って、2021年の記事数を確認するときちんと365になっている。
ただ、もしこの355日が正しいとすると、ちょうど1年前あたりで何かがあったのだろうと確認してみると、7月3日の投稿がなく、7月4日の投稿が2つあったのである。
さらによく調べてみると、7月4日の投稿の1つは、0:00に更新がされていた。
 
それがこの記事↓
なぜ、こんなことになったのか。ちょっと混乱しながら考えた結果、2つ原因が思い浮かんだ。
1つめの可能性は、前日ギリギリに投稿したと思ったら、日をまたいでしまったというもの。
この2021年7月3日は土曜日で、カレンダーを見返すと前日に久しぶりの飲み会があって、その二日酔いのせいでこの日は1日だらだらと過ごしていたことを思い出した。
なので、7月4日の0:00に投稿されたこの記事は、3日の夜に書いて、更新がギリギリになって日をまたいでしまったのではないかと思った。ただそれにしても、ちょうど0:00になるとは考えにくい。
と思って、さらにカレンダーを見返していたら、この7月3日は23:30ごろに寝ていた。私はLifelogアプリを使って、毎日の就寝時間と起床時間(だけでなくいろいろな出来事)をGoogleカレンダー上に残しているのだが、この日は0時を越える前に寝ていたようで、この1つめの可能性はなくなった。
 
だとすると、もう1つの可能性は、予約投稿をしていて、その時間を間違ったということ。おそらく、こちらで間違いないだろう。7月3日の夜に書いたのであれば直接投稿するはずなので、事前に書いた記事を予約投稿していたのだと思われる。
ただ、ちょっと不可解なのは、前日の7月2日の記事の投稿時間が22:46となっていること。前述のとおり、この日は飲み会でけっこう酔っ払っていたのは覚えているので、おそらくこの記事は事前に書いていて、推敲をしてこの時間に投稿したと考えるのが自然である。
では、この問題の7月4日0:00投稿の記事はいつ書いたのか。7月3日のカレンダーと日記を確認した結果、昼間にはおそらく書いていない。夜も上述のとおりおそらく書いていない。だとすれば、事前に書いていたのだと思われるが、どのタイミングで予約投稿をしたのかが気になる。加えて、なんで0時に投稿しようとしたのかもよくわからない。そんな日またぎのタイミングにするから紛らわしいのである。
 
以上のように、記憶と記録を辿ってみた結果、予約投稿のミスだろうということはわかったが、いつ書いて、いつ予約したのかまではわからず、ハッキリとした原因は追及することができなかった。
 
どちらにしろ、毎日更新はここで途切れていたようで、ちょっと落ち込んでいる。
とはいえ、これはもうどうしようもないので、とりあえずはあと10日ほどで達成できる365日連続投稿に向けて、淡々と書いていこうと思った次第である。
 
ということで、ブログの毎日更新をしていると思っていたのにできていなかった、という話でした。