落第をもっと一般的にしてもいいのではないか

うちには子どもが二人いて、上の娘は今年小学校の入学した。
幼稚園のときは、公文で英語を習っていたくらいで、勉強に関しては放置という状態だった。
自分で言うのも何だが、私は子どものころから勉強はできたほうだったので、どうにかなるだろうくらい感覚でいた。
 
これが、いざ娘が小学校に入るとそうも言っていられない状況にあると気づく。
ひらがなの覚えは遅いし、足し算・引き算の計算もままならない。夏休み前の担任の先生との面談で指摘をされ、これはどうにかしないといけないとなった。
 
私はとくに娘が勉強ができる必要はないと思っているのだが(もちろんできるならそれに越したことはない)、ただ学校の授業についていけず学校生活が面白くなくなるということは避けてあげたいと思っている。
いい成績である必要はないが、授業の内容がわかる程度ではあってほしいと願っている。
 
そんなこともあって、夏休みからは私の母親にもサポートしてもらって、ひらがなや計算の練習を毎日続けている。
そのかいもあって、多少遅れは取り戻せたかとは思うが、一方でどんどん先に進んでいくので、やはりついていくのがやっとという感じである。
 
そんな娘を見てて思うのは、学校においてもっと落第というものを一般的にしてはどうだろうか、ということ。
今の学校制度は年齢で区切って、その区切りで学習内容が進行していく。
ただ、当然のことながら、その同学年の中でも理解の早い子もいれば、遅い子もいる。
で、理解の遅い子は、いったんついていけなくなると、ずっとついていけないままになってしまう場合が多い。理解の早い子に比べると、その差は大きくなるばかりである。
それであれば、理解が遅い子はもう1度同じ学年の内容をやることによって、理解してから次に進むということを行ったほうが、後から見れば多くのことを身につけることができるのではないかと思うわけである。
 
どんなに勉強が苦手な子でも、いずれひらがなはわかるし、四則演算はできるようになるし、時計も読めるようになる。
だったら、わからないところをかかえたまま次に進むのではなく、理解できてから次に進むのでいいのではないかと思う。
 
ただ、現在の落第(という言葉の響きが悪いので違う言葉を使ったほうがいいとは思う)のイメージは、かなりの例外でかなり落ちこぼれたという印象を与えてしまう。
そうではなく、少しでも理解が遅れていれば、積極的に落第という制度を活用するくらいでちょうどいいかと思う。だいたい2~3割くらいが対象になるくらい、カジュアルに運用すればいいのではないだろうか。
そうすれば、無理をせずに内容を理解でき、学校の授業がわからなくて面白くないという子どもが減ると思うのだが、どうだろうか。
 
ということで、義務教育においても落第をもっと一般的にすればいいのではないか、という話でした。

ちょうどいい季節の定義

9月に台風が来てから、一気に秋が来たかと思いきや、10月になって真夏日近い日が続き、また夏に戻ったかのような気候になった。
そんな夏に戻ったかのような暑い日も、先日雨が降ってからはさらに一段気温下がり、一進一退を続けながら、これから秋が深まり、そして冬へと続いていくだろう。
 
そんな秋が深まっていく今日このごろ、常々このブログでも書いているが、日本は四季の国と言いながら、ちょうどいい時期は思っているより短い。
夏と冬が4ヶ月ずつくらいあって、春と秋はそれぞれ2ヶ月もない感じである。
 
さて、このちょうどいい時期。何をもってちょうどいいのか、ちょっと考えてみたのだが、いい定義が思いついたので、ここで紹介をしておきたいと思う。
それは、エアコンを使わない時期。
冷暖房を使わなくても気持ちよく暮らせる時期を、ちょうどいい時期と定義しておきたい。
 
今年は、9月の台風14号以降、私は冷房を使わなくなった。
実際は冒頭に書いたように、10月の頭は真夏日を超えたり、それに近いような気温が続いており暑かったのだが、半ばちょっと我慢してでも冷房は入れなかった。
会社の私の机には扇風機が置いてあるので、それでこの数日をやり過ごしたのだが、30℃くらいなら扇風機でもどうにかなる印象である。
また、この台風を境に熱帯夜がなくなった。たまに25℃近くの最低気温の日はあって寝汗をかいたりもしたが、冷房を入れなければならないという感じではなかった。
 
ちなみに、私の住んでいる地域では、9月の熱帯夜の日数や真夏日猛暑日の日数は過去5年と比べても2019年に次ぐ多さで、最高気温や最低気温の平均も同様であった。
台風以降の9月下旬は気温もだいぶ落ち着いたことを考えると、それまでの9月の3分の2はだいぶ暑かった年だったと言えるだろう。
 
さて、それはさておき、上述の定義に従うと、今年のちょうどいい時期は9月20日からとなる。
ここから、暖房を入れるまでがちょうどいい時期。
それがいつになるのか、忘れないようにチェックしておきたいと思う。
 
どのくらいで暖房をつけるかは、秋らしい時期はだいたい2ヶ月くらいなので、11月の中旬から下旬くらいになると予想しておく。
2ヶ月後にはもう冬になっているということなので、それまでの2ヶ月を楽しむ余裕ももって日々を過ごしたいと思う。
 
ということで、日本では1年でエアコンを使う日のほうが使わない日よりもかなり多い、という話でした。

子どもに野球に興味をもってもらうための投資

先日、娘(小学1年生)と息子(2歳)を連れて、野球観戦に行ってきた。
娘と野球を観に行ったことはこれまでも何度かあるが、息子は初観戦。野球のルールもわからなければ、興味も今のところないのだが、とりあえず球場まで連れて行った。
 
実際行ってみると、予想はしていたことだが、野球を観るという感じではなかった。
 
球場に入ってまず向かったのは、観戦席ではなく、子ども向けのアトラクション会場。ここでひとしきり遊んでから、次はグッズ売場。娘用にレプリカユニフォームを買って、席についたのはすでに6回となっていた。
 
席についてからも、ゆっくり観戦する感じではない。
娘はユニフォーム買ったところまでは機嫌がよかったが、そこからはかき氷が食べたいとかわがままを言い出す。いったん席についたのに、出たり入ったりするのは、面倒くさいし、まわりのお客さんに迷惑がかかるので、どうにかなだめて野球を観る。
すると今度は、息子のほうが抱っこ紐から出たいと騒いでが駄々をこねる。ジュースを飲ませたりしてなだめていたのだが、それもなくなるとまた騒ぎだすという感じ。
まわりにも迷惑かかりそうだし、帰りの新幹線の時間もあったので、6回表から7回表までの1回半を観て席を離れることにした。
さらにこの間に失点するというオマケつき。
 
正直、これだけ見ると、何しに行ったかわからない。
新幹線に乗って、2人分(私と娘の分)のチケットを買って、目的の野球はちょっとだけ。疲れに行ったようなものである。
 
ただ、ちょっと長い目で見ると、これはこれで悪くなかったとも思っている。
球場に行けば遊びに行けるということで、少しでも野球に興味をもってくれれば、同じ趣味をもつ仲間にできる。
娘は女の子ということもあり、野球に関心を持つ可能性は低くそうだが、それでもどこかのタイミングで面白いと思うかもしれない。
息子のほうは、親の影響で野球に興味をもつ可能性はそこそこあると思っていて、いっしょにテレビで観戦したり、たまには球場にも行けたらいいなと思ったりしている。
 
そう考えると、今回の球場での観戦は、将来への投資のようなもので、これを機に野球に関心をもってもらいたいという下心があったりする。
この投資が実を結ぶか、それとも野球には無関心となるのか、今のところわからないが、ちょっとずつ投資を継続していこうと思った次第である。
 
ということで、今は興味がないかもしれないが、将来的に同じ趣味がもてたらいいな、という話でした。

前時代的な球団と球場

先日、プロ野球の今シーズン最終戦を観に行ってきた。
当初観に行く予定ではなかったのだが、親しくさせてもらっている取引先の方が観戦に行かれるという話を聞いて、私も行きたくなり、子ども二人(小学1年生の娘と2歳の息子)を連れて、新幹線に乗ってマツダスタジアムに向かった。
 
今年の野球観戦はこれで計5回。マツダスタジアムが今回入れて2回、福岡ドーム2回、名古屋ドーム1回、という内訳。
もう少し行きたかったのだが、なかなか時間も取れずこれだけとなってしまった。
 
さて、今回も行った、私の贔屓球団である広島カープホームグラウンドのマツダスタジアム。いい球場ではあるのだが、他の球場(や球団)と比べると、インフラ面での投資が遅れているように感じる。
 
チケットは当然のことながら、ウェブサイトから申し込むことができるのだが、未だに紙のチケットが送られてくる。
さらに今回は、最終戦ということもあってか、チケットを送ることができないからかわからないが、ウェブサイトの空席情報でまだチケットは残っているにも関わらず、ウェブから購入することができなかった。
電子チケットのようなものがあれば問題なく販売できるはずなのだが、このあたりは完全に遅れている。今後、NFTを使ったチケットなんかも期待されているが、そんな検討もしているようには思えない。
 
仕方がないので、現地まで行き、チケット売場で購入したのだが、今度は現金のみでクレジットカードが使えない。
いつの時代なんだ!と憤ったが、売場の女性が申し訳なさそうに「会社に行っておきます」と言っていたので、「お願いしますね」と返して現金で購入した。
 
球場内に入ったら入ったで、売店でも電子マネーが使えない。ただでさえ行列になるのだから、工夫してほしいところだが、致命的に遅れている。福岡ドームでは使えない電子マネーはないと言ってもいいくらい、当たり前に整備されている。
 
余談だが、試合前後のイベントとなると、その差はさらに目に見えてわかるものとなる。
一番進んでいるであろうソフトバンクホークスと比べるのは酷ではあるが、まずオープニングの応援ソングを歌うタレントが違う。さらに、たまたま私が試合を観に行った日は、試合終了後も花火が上がり、極めつけは藤井フミヤが出てきて応援ソングを歌うおまけ付き。いろいろな格差を見せつけられた気がした。
 
カープの資金力が乏しいことはわかっているので、試合前後のイベントを派手にしてくれとは言わない。
ただ、クレジットカードや電子マネーの導入くらいは、早いところ整備してほしい。
これらは投資することで長い目で見れば、人経費の削減によるコストダウンや売上増にもつなげることができる。
ソフトバンクのような演出までは期待しないので、基本的な環境整備だけは早いことやってほしいなと思った次第である。
 
ということで、必要なところにはお金をかけてほしい、という話でした。

Move2Earnはスマホ時代の救世主になるのかもしれない

ここ数日、「スマホ脳」を読んで思ったことを、つらつらと書いてみた。
スマホによって人間の脳は大きな負荷を受けているが、そのための対処は、本書ではスマホから離れる時間をつくることと、運動をすることだとしている。
 
このスマホから離れる、運動をする。どちらも言うは易く行うは難しの典型である。
私自身、この本を読んでスマホの弊害やそこからストレスについて頭で理解はできたが、スマホとの距離は取れていない。むしろ、最近ストレスがかかる事案が多く、スマホに逃げ込む時間が増えていると実感している。
 
ではもう1つの運動のほうはどうかというと、こちらは歩いたり走ったりということが、そこそこできている。
平均すれば毎日10,000歩以上歩けているし、夏の間休んでいたランニングも再開している。
 
もともと運動するのは嫌いではないし、その習慣もあったのでできているが、それとは別で大きな役割を果たしているのが「STEPN」というサービス。
 
STEPNは、歩いたり走ったりすることで仮想通貨を稼げる、Web3の代表的なサービス。
詳細は割愛するが、私は4月からこのアプリをダウンロードして楽しんでいる。
もっているNFTのスニーカーの数で、毎日歩ける時間が決まっており、その時間は歩かないともったいないということで運動を継続することができている。
 
こういったサービスは、移動することによって稼ぐことができるMove2Earnと呼ばれている。
NFTは投資の要素もあって、損することもあるので、しくみをきちんと理解して、納得した上ではじめる必要があるが、今回「スマホ脳」を読んで、STEPNをはじめとするMove2Earnのサービスは運動を誘発することができ、スマホによるストレスを軽減させることができるのではないかと感じたわけである。
 
Webサービスも第2世代から第3世代に移行しつつあり、Web3なる言葉もよく聞くが、Webと現実の垣根がなくなりつつあり、ストレスの原因とされるスマホによって、ストレスの緩和の対策となる運動を促すことができるという構図が面白い。
 
なお、このSTEPN、NFTの価格が上下することから、気になってスマホを閲覧する回数が増えてしまうというリスクもある。それによって溜まったストレスを、運動によって解消するということになると何のためにやっているかわからなくなるので、スマホのチェックはほどほどにしたいところである。
 
ということで、Move2Earnサービスはスマホ時代の救世主になるかもしれない、という話でした。

アントニオ猪木死去に想う

昨日、スマホTwitterを見ていると、アントニオ猪木死去のニュースが入ってきた。
言わずとしれた、プロレス界のレジェンド。
私は昭和後期生まれということで、猪木のプロレスは何度も見たことはあるが、すでに全盛期は過ぎていた。馬場とともに大御所の人という認識で、熱狂したのはその次の世代以降であった。
 
私がプロレスにハマった期間は2度あった。
1回目は小学生高学年のとき。
当時はすでに新日のテレビ放送は土曜夕方に変わっており、たしか全日のほうはまだゴールデンタイムにやっていたように記憶している。
すでに時代は長州・藤浪・鶴田・天龍あたりが中心で、上述したとおり、馬場や猪木は現役ではあるものの、すでに大御所的なポジションであった。
このころ長州の移籍騒動などもあったが、子どもとしてはそのあたりの構図がよくわかっておらず、新日のほうをよく見えていたが、全日も含めて楽しいんでいた。
私は野球も小さいころから好きだったが、地方ということもあり野球中継は嫌いな巨人戦しか放映されなかったこともあり、プロレス放送が野球中継でなくなるときは憤慨していたのもよく覚えている。
 
2度目は、高校・浪人・大学生のとき。
時はさらに下って、新日は闘魂三銃士全盛の時代。小学生のときに新人として出ていた武藤が中心選手になっていた。
まわりで見ている友人も多く、私も高校のころから再度プロレスをチェックするようになった。このときは全日もチェックはしていたが、ハッキリと新日ファンで、三銃士を中心に応援していた。
95年の武藤-高田戦は固唾を呑んで観たし、橋本と小川の一連の戦いはモヤモヤしながら観ていたのを覚えている。
浪人時代はテレビはほとんど見ていなかったが、1.4の東京ドームだけは見ていたし、大学のときは東京に住んでいたこともあり、夏のG1を蔵前まで観に行ったりもしていた。
 
その後、社会人なったあたりから、K-1やPRIDEなどの格闘技ブームもあり、プロレスの冬の時代とともに、徐々にプロレスから遠ざかっていった。
直近のプロレスブームは現象としては理解しているが、有名レスラーの名前がわかるくらいで、しっかりキャッチアップはできていない。
 
こんな感じで、猪木の試合は何度も見たのだが、すでに上がりのポジションで、アリ戦などの全盛期の猪木の記憶はほとんどない。
それでも、子どもながらに、猪木が一番偉い人というのはわかっていたし、その後プロレスの歴史を理解して、その偉大さもわかっているつもりである。
ただ、自分がその熱狂の中にオンタイムでいなかったことに、(時代があわなかったのだから仕方ないのだが)残念というかもったいないというか、そんなことを思ったりした。
 
また、今回の訃報を受けて、YouTube公式チャンネルで猪木最期の言葉という動画を見た。
衰弱した猪木が言葉を振り絞って話しかける姿を見て、こんな弱々しい猪木は見たくないという気持ちと、こんな姿までさらけ出せる猪木はすごいという、相反する感情が湧いてきた。
本当であれば、こんな姿は見せたくない、そう語っていたが、それは本音だろうと思う。しかし、そんな弱さをもさらけだせるアントニオ猪木の強さというか凄みというか深さを感じることができた。
 
とにもかくにも、時代の象徴である人物が亡くなったのは間違いない。ひとつの時代が終わったなどといったことが言いたいわけでないのだが、彼がつくったプロレスというものを振り返ってみたいなと思った次第である。
 
最後なりますが、故人のご冥福をお祈りします。

ノートはとったほうがいいのか

昨日、一昨日と「スマホ脳」を読んで思ったことなどを書いたのだが、その続き。
この本を読んで、思いついた問いがもう1つあった。
それは、ノートはとったほうがいいのか、というもの。
 
この問いも古くからあるもので、賛否両方の意見がある。
ノートをとらないほうがいい派の意見として以下のようなものが挙げられる。
 
・ノートをとるくらいだったら、先生の話に集中したほうがいい
・ノートをとることが目的になってしまうので、それだったら内容について考えたほうがいい
・ノートをとることで満足してしまい、肝心の内容を覚えられていないことが多い
 
これらの意見はごもっともなところはある。
ノートをとることが目的になってしまうことはしばしば起こり、それは手段の目的化と言っていいだろう。
また、今回のスマホ脳にもあったように、外部に情報があるとわかると、脳はその容量を節約するために、内容を覚えないことがしばしばある。ノートをとったことで安心してしまい、肝心の内容が頭に入っていないということは起こりうるかと思う。
 
しかし、それでもやはりノートはとったほうがいい、とこの本を読んで私の意見は固まった。
この本の一節に、「記憶するためには、集中しなければならない」とあったのだが、集中するためには、ノートをとったほうがいいか、とらないほうがいいかという観点で考えたとき、ノートをとったほうが集中できると考えるからだ。
 
もちろん中にはノートをとらないほうが集中できる人もいるだろうが、少なくとも自分はノートをとったほうがスイッチが入って集中できるし、大半の人は同じなのではないだろうかと思う。
私はちょっと本気で聞こうと思う講義やセミナーでは、ノートやパソコンを開いて肝心なところは聞き漏らさずメモするようにしている。書くことに集中しすぎてしまうこともなくはないが、書くことによって思考が活性化して、インスピレーションが働くことも多かったりする。
 
そう考えると、よくセミナーなどで「後で資料を渡すので、書くのに集中せずに聞くことに集中してください」と言われることがあるが、これは逆効果なのかもしれないと思ったりもする。ノートをとらなくていいと思うことで、集中力が削がれてしまい、結果内容が頭に残らない可能性が高いような気がする。
逆に、「資料は渡さないので、必要なことはきちんとメモしてくださいね」と言ったほうが、聴講している人の集中力も上がるように思うのだが、どうだろうか。
 
ということで、ノートはきちんととったほうがいいかもしれない、という話でした。