お酒を飲むことによって得られる効用を分解してみる

私は学生のころからお酒を飲んでいるが、ここ最近はコロナ禍ということもあり、その頻度と量がかなり減ってきている。
調子に乗ると飲みすぎてしまうタイプであることは自覚しており、30代後半くらいから翌日の二日酔いからの回復が遅れることが多いことを実感していたが、飲酒量が減ってからは、日ごろの仕事やそれに限らない活動の生産性が大きく上がっているのを実感する。
こうやって、お酒を飲む量が減ってくると、なんであんなに飲んでいたのだろうと、ちょっと不思議にさえ思えてくる。
 
そこで、ちょっと冷静な視点で、お酒を飲む理由というか、飲むことによって得られる効用はなんなのか考えてみたいので、ここにまとめておきたい。
 
まずは1杯目のお酒の効用。
暑い時期の乾杯のビールはおいしい。
よくビールは1杯目がおいしく、2杯目以降はそのおいしさが低減していくということで、限界効用逓減の法則の例として挙げられるが、1杯目の美味しさについては、お酒が嫌いな人でなければ、異論がある人は少ないだろう。
ただ、この1杯目のお酒のおいしさというか、効用ってなんだろうと冷静になって考えてみると、喉の乾きをほどよい炭酸で潤すことによる爽快感にあるのではないか、ということにいきついた。
そう、1杯目のお酒の効用は、爽快感にあるのである。
そう思い至ってからは、だったら別にビールである必要ではないと思うようになった。炭酸が入っていて、ビールみたいな味がすればいいのである。ノンアルコールビールで十分なのである。
私は毎日晩酌をしないといけないというタイプではなく、外では飲むが家ではあまり飲まず、家で飲むことがあっても、1本あれば十分ということが多かった。
こういった家で一人で飲むという場面での私のニーズは、まさに爽快感だけで、それであればノンアルコールビールでいいのである、ということに気づいて今日このごろである。
 
続いて、2,3杯目のお酒の効用。
ここでは1人で飲む場合と、複数人で飲む場合に分かれるのだが、基本複数人で飲む場合は2,3杯目は通過地点であることが多いので、次の4杯目以降のところで解説したい。
1人で飲む場合の2,3杯目の効用だが、これは多幸感にあると思う。
なんとも言えずふわふわした感じになって、あまり頭が回らなくなるのが私にとっては心地いい。これはノンアルコールビールでは代替できない。
キャンプに行ったときには、娘が寝た後に焚き火を見ながら2,3杯飲むのだが、これなんかはこの多幸感を求めて飲んでいる。
ちなみに1人で飲む場合は、私はだいたい3杯くらい飲めば十分でそれ以上飲みたいとは思わなくなる。かつ、このくらいで止めておけば次の日に影響は出にくい。
 
最後に、4杯目以降飲む場合のお酒の効用について。
1人で飲む場合はだいたい3杯くらいで終わるので、4杯目以降に突入するのは複数人で飲んでいるときである。
このとき、私にとって、4杯目以降のお酒による効用は、高揚感である。
いっしょに飲んでいる相手との議論が白熱してきたり、盛り上がってテンションが上がってきたりと、高揚感を得るために飲んでいるといってもいい。一人で2,3杯飲むときとは求めるものが違っていたのである。
お酒を飲んで楽しい気持ちになるというのは、何にも代えがたい時間であることは間違いなく、心の底から楽しいと思ったことも数多くある。
 
しかし、40代にもなり、ただただ楽しいということで飲むという場は減ってきたし、体力的にも飲み続けることがきつくなりつつある。
さらに、4杯目以降も飲み続けると、二日酔いという副作用もある。
ここにきて得られる効用と、支払わなければならないリスクのバランスが崩れてきているように感じるわけである。
なので、会食など高揚感を得られるような場ではないときは、お酒は3杯程度に抑えておくようにして、2次会もできるだけ避けるようにし、行かなければならない場合もできることならお酒は飲まないとか薄いハイボールを出してもらうようにしている。
 
たまには高揚感を得られるような飲み方をしたいなと思うこともあり、そのときは翌日の二日酔いという副作用を覚悟して楽しむようにしているが、それでも年に2,3回くらいあれば十分である。
 
とこんな感じで、自分はお酒というものに、爽快感と多幸感と高揚感を求めているのだと自覚するようになった。
こうやって自分はお酒に何を求めるのかを分解して理解することができると、対処方法や代替案を考えることができてよかったと感じている。
 
今後、体力の変化などのでアルコールに対する考え方も変わってくるかもしれないが、基本このフレームを参考にしながら、お酒との向き合い方を考えていきたいと思う。
 
ということで、若いころは何も考えずにただただ飲んでいたな、という話でした。